■プロフィール

和ちゃん朗人

Author:和ちゃん朗人
定年後の八ヶ岳高原での楽しい出逢いや出来事を気ままに綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンター

■全記事表示リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

梅雨時の雲と紫陽花
今日は朝からどんより曇り空、風もなく湿度も高く、標高1000メートルの場所でも
蒸し暑く過ごしにくい一日でした。
そんな梅雨の一日でも、自然の光景が心を癒して呉れます。
今日は、空の雲の様子と紫陽花の花に、心癒されました。!(^^)!

CIMG17070300.jpg
まさに梅雨空、厚い雲に阻まれて光が地上に届きません。

CIMG17070301.jpg
ちょっと気味の悪い感じの雲です。
自然が作り出す光景は、不思議な事ばかりです。

CIMG17070302.jpg
山の向こうに「原子雲」の様に見えます。

CIMG17070303.jpg
地上直ぐ近く 重苦しい雰囲気です。

CIMG17070304.jpg
南アルプス連峰から、こちらに向かって動いている様に見えます。

CIMG17070305.jpg
こんなに色々な形をした雲の様子を見たのは
始めての様に思います。

CIMG17070306.jpg
にょきっと突き出した手?顏?。

CIMG17070307.jpg
原子雲の様に見えた雲、30分後には更に大きく変化していました。
時間と共に変化する自然の造形、一日じっと見て居たい気分に成ります。

CIMG17070308.jpg
花の名前は忘れましたが、ガクアジサイとはちょっと花の感じが違って、
可愛らしい感じがします。野草店で買って来ました。

CIMG17070310.jpg
紫陽花の中でも、強い品種と弱い品種が有りそうです。
この紫陽花は、どちらかと言うと弱い品種の様です。
違う品種の木と離れた所に植えて元気回複、今年は綺麗に花を咲かせました。

CIMG17070311.jpg
白の山紫陽花、白から赤に色を変えて眼を楽しませて呉れます。

CIMG17070312.jpg
名前の通りの山紫陽花。

CIMG17070313.jpg
紫陽花を野草店で買おうとすると、結構高い買い物に成ります。
簡単に増やすには挿し木が一番!、去年挿し木を一杯して庭中に植えて
元気に育って居ます。
今年も挿し木は、今が丁度良い時です。
好きな山紫陽花を挿し木して、育てることにしました。

紫陽花の名前が、私には良く分かりません。
分かると言えば、「本紫陽花」と「山紫陽花」或いは「額紫陽花」の分類だけです。
実際に我が家の紫陽花がどんな名前なのかを調べて見ても、
世界で3000種類と言われている中から、正しい名前を見つけるのは
非常に難しいと知りました。(ちょっと大げさですが・・・・)
大体「紫陽花」が赤・白・紫・ピンクと色々あるのに、何故「紫の陽の花」と表現するのかも
分かって居ません。
何時も利用させて頂くWikipediaには、
「アジサイの語源ははっきりしないが、最古の和歌集『万葉集』では「味狭藍」「安治佐為」、
平安時代の辞典『和名類聚抄』では「阿豆佐為」の字をあてて書かれている。
もっとも有力とされているのは、
「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説である。
そのほか、「味」は評価を、「狭藍」は花の色を示すという谷川士清の説、「
集まって咲くもの」とする山本章夫の説(『万葉古今動植物正名』)、
「厚咲き」が転じたものであるという貝原益軒の説がある。
花の色がよく変わることから、「七変化」「八仙花」とも呼ばれる。
日本語で漢字表記に用いられる「紫陽花」は、
唐の詩人白居易が別の花、おそらくライラックに付けた名で、
平安時代の学者源順がこの漢字をあてたことから誤って広まったといわれている」
他を調べて見ても、あじさいの語源は
「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」が変化したものとされる。」の説が
一般的ですが、「藍色が集まったモノ」と言う事は、昔のあじさいは藍色一色だったという
事でしょうか?
語源や品種が有り過ぎる花の名前を詳細に知ることは諦めて、
目の前に咲く可愛らしい梅雨時の花を、愛でることに専念したいと思います。(^^♪
珍しい雲と、今が見ごろと成った我が家の紫陽花の花に
ちょっと感動した一日でした。
関連記事
スポンサーサイト


ブログ | 20:50:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad