■プロフィール

和ちゃん朗人

Author:和ちゃん朗人
定年後の八ヶ岳高原での楽しい出逢いや出来事を気ままに綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンター

■全記事表示リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

クマゼミの羽化
蝉の羽化は、夜8時頃から10時頃にかけて行われるのが一般的と
言われています。
幼かった頃、アブラセミの幼虫を見つけた時、家に持ち込んで観察したことが
有ります。
今日は、今まで見た事の無かった「クマゼミ」の羽化を昼間に見ることが
出来ました。

CIMG17071001.jpg
朝9時頃、デッキの山桜の木に止まって居る「セミの幼虫」を見つけました。
まさか昼間に羽化するとは思って居ませんでしたので。
そのままにして、その場を離れました。

CIMG17071002.jpg
その場を離れて2時間後、再びその場に戻ってびっくり!
羽化が始まっていたのです。
こんなチャンスは滅多にない、今後も無い!と思い、しっかり観察することに
しました。

CIMG17071003.jpg
幼虫から成虫への変化が始まりました。

CIMG17071004.jpg
体を時々びくびく動かしながら、反り返ります。

CIMG17071005.jpg
横から眺めると、良くも抜け殻が落ちないモノだと感心します。

CIMG17071007.jpg
更に頭を下に下げて、抜け殻から尻尾の部分まで抜け出そうとしています。

CIMG17071008.jpg
体の両側に羽根が見え始めました。

CIMG17071009.jpg
羽根が見え始めた時に、体をすっと起こしたのです。

CIMG17071010.jpg
体を起こした後は、尻尾が殻から抜き出て、殻の上に乗る様な
形に成りました。

CIMG17071011.jpg
羽根はブヨブヨの感じです。
水分を含んでいるんでしょうね。

CIMG17071012.jpg
羽根の形もしっかりして来ました。

CIMG17071013.jpg
この段階で漸く成虫の感じに成りました。

CIMG17071014.jpg
丁度我が家に来た八王子のKさん、
「これはオスだね、ここを見れば分かるんだよ」と教えて呉れました。
流石に登山の名人、何でも知ってます。!(^^)!

CIMG17071015.jpg
立派に羽化が完了!羽化が始まってから凡そ2時間半くらいでした。

CIMG17071016.jpg
最後は抜け殻の上部から下部へと移動し、静かに成りました。

CIMG17071017.jpg
八王子のKさんと食事をしに行って帰ってみると、セミの成虫はどこかに
飛び去って居ました。
残っていたのはセミの抜け殻、成虫誕生のドラマはそれなりに感動しましたが、
抜け殻がドラマの結末では、ちょっと気が抜けた感じです。(+_+)

セミが昼間に羽化する事は滅多には無さそうです。
それは、羽化のときは無防備で、この時にスズメバチやアリなどに襲われるため、
周囲が明るいうちは羽化を始めないとの事ですが、
我が家のセミの幼虫は私が近くに居るから、スズメバチやアリから守ってくれると
判断したんですね(^^♪
今日見たのはクマゼミの羽化、ラッキーでした。
今年の夏、周りの林の中からセミの鳴き声を聞いたのは、昨日のヒグラシゼミが
始めてでした。
何時もよりセミの鳴き声が少ない様に思って居ましたが、
今日の羽化を見て、
セミたちも私の知らない所で、次から次へと羽化を始めているのではないかと
ちょっと安心しました。
成虫に成ってすぐに鳴く事は出来ずに、しばらく経ってから本格的に鳴くとの事、
それにしても成虫に成ってから命尽きるまでの日数は僅か2週間から1か月程度と
言われています。
オスは地上に出て相手を見つけて交尾して一生を終える。
メスは交尾して卵を産み付けて一生を終える。
地下の長い生活では、時にはモグラ、ケラ、ゴミムシなどの天敵の餌食に成ったり、
菌類(いわゆる「冬虫夏草」)に冒されて命を落とす事も少なく無いそうです。
セミの羽化が始まってセミが鳴き、知らぬ間にセミの鳴き声が聞こえなく成った頃は、
もう初秋の気配が漂い始めます。
命尽きる前のセミの精一杯の鳴き声を楽しみながら、短い夏を過ごしたいと思います。
今日我が家から何処かへ飛び立った可愛らしい「クマゼミ」、
元気な声を早く聞かせておくれ(^^♪
関連記事
スポンサーサイト


ブログ | 21:00:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad