■プロフィール

和ちゃん朗人

Author:和ちゃん朗人
定年後の八ヶ岳高原での楽しい出逢いや出来事を気ままに綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンター

■全記事表示リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今日のテーマは「コーヒーカップのソーサー」作りでした。
今日は私が当番役の、喫茶店「煙の木」での陶芸教室です。
喫茶店の日陰のテラスは涼しく、快適な環境の中で、楽しい時間が過ごせました。
涼しいと言っても今は夏、大泉の気温は30℃、日なたに出ると矢張り暑く感じますが、
巣鴨からお出かけのYご夫妻は「涼しい、快適だなあ」と大泉の環境を
楽しんで居ました。

CIMG17071101.jpg
今日は私の当番役、早めに起きて庭を見て回ると、
一杯実っている野イチゴを見つけました。
          野いちご
        唄 トワ・エ・モワ
        作詞 阪田寛夫
        作曲 フィンランド民謡

        野いちご 赤い実だよ
        木蔭で 見つけたよ
        誰も 知らないのに
        小鳥が見てた♪

        野いちご 赤い実だよ
        ひとつぶ つまんだよ
        朝つゆ 光るよ ほら
        こぼさぬように♪
CIMG17071102.jpg
早速、今日巣鴨から来るY夫妻にも食べて貰おうと、収穫しました。
特に甘いという訳では有りませんが、自然のエネルギーをその実から
貰った気に成りました。

CIMG17071103.jpg
クマゼミがシラネアオイの葉の陰に止まって居ました。
まさか、昨日桜の木で日中に羽化したクマゼミでは無いでしょうね。
私には昨日のクマゼミの様に思えますが・・・・。

CIMG17071104.jpg
今日の陶芸教室では、先日作ったコーヒーカップ用のソーサーを
作る事にしました。
時間に余裕が有れば、コーヒーのおつまみ用の小皿も作る予定でした。

CIMG17071105-1.jpg
ソーサーの模様です。

CIMG17071106.jpg
皆さん、きちっと図って切った粘土を組み合わせて四角形にするのに、
結構頭を使って居るようです。
一瞬、四角形に成らない人も居ました。(右下の人、左上の人)
手を使い頭を使えば、ボケ防止にも役立ちますね。!(^^)!

CIMG17071107.jpg
ソーサーの高台を付けるのも一苦労。
爪跡一杯残して、高台ならぬ低台?に成りました。(#^^#)

CIMG17071108.jpg
皆さんそれなりに良く出来上がりました。

CIMG17071109.jpg
作品完成後は、喫茶店のママさんが用意してくれた料理で
お喋りしながら楽しい食事が出来ました。

CIMG17071109-1.jpg
一通り教室の予定が終わった後は、Yご夫妻特別要望の
苔玉作りをしました。
苔は、我が家の近くの道路わきに生えている「ハイゴケ(這苔)」を
早朝に我が家に来たY奥様がゲットしたモノです。

CIMG17071110.jpg
苔玉はYご夫妻が3個作りました。
1つは今日都合が悪くて来れなかった巣鴨の仲良し友達Hさん用です。
何時もお友達のことを忘れないYご夫妻、優しいお人柄が皆さんに好かれています。
今日も、巣鴨で有名な「塩大福」「豆大福」を参加者の為に買って来て呉れました。
来月も、きっと何かを買って来て呉れると、ついつい皆さん期待をしてしまいます(^^♪
Yご夫妻に感謝感謝です。

CIMG17071111.jpg
参加者の作品は我が家に持ち帰って、乾燥しないうちに不具合箇所を修正します。
修正するのは、ひび、割れ、傷、爪跡などに留めて、個人の個性・感性による部分には
手を付けないことにしています。

私が理想としている「教室」は、質の高いモノを作る事よりも、
気の合った人たちがモノ作りを介して、楽しいひと時を過ごす事です。
今日の教室は、皆さん手も口も更に表情筋までもしっかり動かして、
常に笑いが絶えない楽しい時間が過ごせました。
モノ作りは、ほどほどに知恵を働かせることも必要に成ります。
知恵を働かせ工夫をしながら、それなりのソーサーが出来ました。
自分の作った作品が素焼き・本焼きをして出来上がった時に、
どれが自分のモノであるのか、殆ど記憶が無い場合が多いと言うのも、
それほどに作品に対する思いが少ないと言う事にも成ります。
私は、自分の作ったモノがどれで有ったのか、忘れて貰っても
それほど気にはなりません。
私に取って「教室で作った作品」は、皆さんが一堂に会してのお楽しみの
抜け殻みたいなモノと思って居るからです。
教室での作りモノが、自分のやりたいモノでは無いから参加しないなどと
思って居る人は、人と人とのお付き合いの楽しさ・大切さを知らない人ではないか、
もっともっと積極的に人と接触する機会を作って、縁のつながりを強めることが
より一層人生の質を向上させることにつながると信じています。
今日の教室は、少人数・短い時間では有るけれども、気心が知れた今日のメンバーとの
時間は、気難しい多くの人達との時間より遥かに質が高く、私に取っては大切な
出会いでした。
これからも、教室はそんな出会いを提供してくれる大切な場であると考え、
積極的に参加したいと思って居ます。
今日参加の皆さん有難う!
関連記事
スポンサーサイト


ブログ | 21:02:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad