■プロフィール

和ちゃん朗人

Author:和ちゃん朗人
定年後の八ヶ岳高原での楽しい出逢いや出来事を気ままに綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンター

■全記事表示リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

匂い優しい? 白百合の♪
豊田では寝苦しかった夜も、涼しい大泉に来ると快眠でした。
昨晩から降り始めた雨、今日も降ったり止んだり、九州に続き、新潟、東北の
集中豪雨被害に遭われた方たち、本当にお気の毒です。
一日も早く、何時もの生活が戻って来ることを願って居ます。

CIMG17072501.jpg
今日は陶芸作品の素焼きをするために、早起きをして窯に火をつけ
一日が始まりました。
周辺に立ち込め、深緑を包む霧、こんな景色は豊田では見ることが出来ません。

CIMG17072502.jpg
素焼きは窯に火を着けてから凡そ8時間、750℃で終了です。
燃料と風量調整のために、外出は出来ないので、趣味の陶芸の一日に
成りました。
先日の陶芸教室で余った練り込み粘土で、ソーサーと苔玉用の皿を作りました。

CIMG17072503.jpg
山百合が、私の背丈と同様位に大きく成りました。
2本が、同じ場所に育って居ますが、兄は何時も4つの花を先に咲かせ、
弟は一週間ほど遅れて1つの花を咲かせます。
花の大きさは直径20cm以上もあり、その重みで全体が傾いて折れてしまうので
毎年支え棒に茎を結わえ付けています。

CIMG17072504.jpg
Wikipediaには、
「花の香りは、日本自生の花の中では例外的ともいえるほど、
甘く濃厚でとても強い。
発芽から開花までには少なくとも5年以上かかり、また株が古いほど多くの花をつける。
風貌が豪華で華麗であることから、『ユリの王様』と呼ばれる。」と有ります。
花の香りが甘く濃厚と記載されていますが、どうも私には甘い香りでは無くて、
きつくちょっと嫌なニオイに感じられます。
発芽から開花までに5年以上と言う所に価値を認めて、
ずっとそのままにしてあります。!(^^)!

CIMG17072505.jpg
先に花を咲かせた山百合の隣には、ちょっと遠慮気味に一つの蕾を着けた
弟の山百合が出番を待ってます。

CIMG17072506.jpg
今年も又、アジサイノ挿し木を一杯しました。
庭の庭の周りに、紫陽花を一杯咲かせたい気持ちに成って来ました。
何時かは人手に渡るであろうこの地で、私が楽しく過ごした証を残して
置きたいのです。
何時かこの地に住む人が、花好きである保証は有りませんが・・・・。(+_+)

ユリに付いて、asahi netに
「日本はユリの王国です。種類はわずか15種程度ですが、
ササユリ、サクユリ、オトメユリ、カノコユリ・・・
その美しさは世界一と感動した西欧人が、幕末の頃からヨ-ロッパに持ち帰り、
品種改良をしてたくさんの園芸種を作り出しました。
世界の人気のユリの多くには日本のユリの血が流れています。
今花屋さんで見るさまざまなユリも、日本を出発して少しづつ色や形を変えながら、
150年かかって世界を一周して、ユリの故郷日本に帰ってきたという事になります。」と、
日本のユリが色や形を変えて、又日本に帰って来たとの事です。
出発地が日本であった事は知りませんでした。

更に、山百合に付いて、ガーデニング花図鑑に
「香りがすばらしい。花が沢山咲きます。種を撒いてから発芽まで2年、
開花するまで計5年とか6年かかりますから、
種まきは一般的にはせず、球根から育てます。
開花する株は毎年花の数を増やし、古い株は10輪も花を咲かせます。」と
花とその香りを絶賛して居ますが、
私に取っては、花も大きすぎ、ニオイも強すぎですが、
見ていると元気が貰える花です。

昔歌った北上夜曲、この歌詞の中の白百合は山百合の事だそうです。

               作詞 菊地規
               作曲 安藤睦夫

             匂い優しい 白百合の
             濡れているよな あの瞳
             想い出すのは 想い出すのは
             北上河原の 月の夜
月が輝く夜に、白百合が咲いている場面を見てみたい気分です。(^^♪

関連記事
スポンサーサイト


ブログ | 21:01:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
私も嫌いです
私もヤマユリの臭いは、ダメですねぇ。
自生の物は盗掘に遭いやすいようですし、その現場を見た事もあります。
こんな臭い花、よく態々盗掘するものだと思いました。
2017-07-26 水 14:27:45 | URL | MK [編集]
コメント有難うございます。
MKさんのブログ、毎日楽しく拝見させて頂いています。
ユリは矢張り遠くから眺める花ですね。
でも、ネット上では山百合に付いてべた褒めの人も結構多く居ますから、
MKさん同様、私もちょっとその人たちが不思議に思えました。
でも、自然にあるモノすべてに罪は無いので、自生の山百合はそっと遠くで愛でる事にします!(^^)!
2017-07-26 水 20:04:10 | URL | 和ちゃん朗人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad