■プロフィール

和ちゃん朗人

Author:和ちゃん朗人
定年後の八ヶ岳高原での楽しい出逢いや出来事を気ままに綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンター

■全記事表示リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

病は気から、気は病から
毎日毎日蒸し暑く、時には強い雨が降り、真夏の梅雨の様な
天気が続いて居ます。
こんな日が続くとついつい気が滅入り、体調までもが変になりそうです。
「病は気から」は良く聞く言葉ですが、この仕組みが解明できたとの
記事が新聞に掲載されていました。

DSCN17081802.jpg

要するに、ストレスが高まると脳に炎症が起こり、通常では無い神経回路が出来て
胃腸や心臓に不調をもたらすと言うのです。
マウスでの結果ですから、人間の場合だとどのようなことに成るのかは
ちょっと分かりませんが、いずれにしても、「ストレス」が体調変化をもたらす
要因に成り得ることは理解できます。
人間は過去からずっと「気」の有り様が、体調に大きく影響するとこを
言葉として残してきたように思います。
その証拠に、「気」の付く言葉の多い事、中でも
「気」の付くマイナスのイメージの言葉を調べてみますと
実に多くの表現が有ります。
「気の毒 気病み 気迷い 気紛れ 気崩れ 気遣う 気違い  
気後れ 気張る 気落ち 気苦労 気障り 気疲れ  
気を出す 気詰まり 気難しい 気不味い 気色悪い 気を揉む 
気が狂う 気にする 気を配る 気を移す 気を失う 気が弱い 
気が散る 気が無い 気忙しい 気が減る 気が移る 気になる 
気が重い 気を病む 気が飢える  気分が悪い 気が乱れる 気が変わる   
気が小さい 気負けする 気もそぞろ 気兼ねする 気が抜ける 
気が高ぶる 気が詰まる 気を落とす 気が咎める 気が引ける 気が紛れる
気が滅入る 気が揉める 気が触れる 気を静める 気が苦しい 
気を悪くする 気が付かない 気が気でない 気が知れない 気が進まない 
気が変になる 気で気を病む 気に食わない 気を取られる 気を呑まれる  
気が削がれる 気が遠くなる 」などなど・・・・。
ここにある「気」の状態を思い浮かべても、元気な姿に結び付くことは
有りません。
それほど「気」は、人に取って色々な影響を与える要因で有ると言えます。
脳に悪い影響を与える悪い「気」即ち「ストレス」を減らすためには、
「陰の気」 以上に「陽の気」を脳の中に取り込むことが必要ではないかと
思うのです。
感動やときめきや笑い、或いは人との楽しい語らいなどは、
「陽の気」を脳の中に取り込み、マイナスイメージの言葉で表現される「気」の状態には
成りません。
「陰の気」即ち「ストレス」は上手に受け流し、
「陽の気」即ち「リラックス、ストレスフリー、心地よさ、」などを積極的に受け入れて、
極力「陰の気」と「陽の気」の収支がプラスに成る様に心がけないといけません。
一方、「気は病から」と言う事も有りそうに感じます。
気を支えるモノは健康な体で有り、病を進行させるモノは陰の気です。
心も体も脳もバランスよく健康で有る事が大切ですね。(^^♪
関連記事
スポンサーサイト


ブログ | 20:41:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad