■プロフィール

和ちゃん朗人

Author:和ちゃん朗人
定年後の八ヶ岳高原での楽しい出逢いや出来事を気ままに綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンター

■全記事表示リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

明日は燻製を楽しむ会です。
明日は、何時もの喫茶店「煙の木」で、燻製を楽しむ会が有ります。
燻製が特別得意でもない私が世話役を引き受けた都合で、
今日は、明日の準備のための一日に成りました。
私が特に準備するのは、毎年結構人気の、卵と豚肉の燻製の下ごしらえです。

CIMG17082101.jpg
まず最初に作ったのが「ピックル液」。
水、天然塩、三温糖、醤油、ウィスキー、ハーブなどを使って、
2リットルほど作りました。

CIMG17082102.jpg
茹でた卵は人数分より多い13個、冷水から沸騰後10分急冷して
殻を剥きやすくしました。
ウズラの卵も茹でましたが、鶏の卵程には上手に剥けませんでした。

CIMG17082103.jpg
茹で卵は、醤油、みりん、酒、ニンニク片、水などで作っただし汁に、
ピックル液、三温糖などを加えた液に一晩漬けて準備完了。

CIMG17082104.jpg
卵全体に味が浸みこむ様に、落し蓋を利用しました。
ジップロックに入れるより簡単です。
明日に卵を取り出し水気を取って、燻製します。

CIMG17082105.jpg
豚肉の燻製は、豚バラ肉ブロックを使います。
凧糸でしっかり縛って形を整えます。

CIMG17082106.jpg
形を整えた後は、ウーロン茶に浸し、沸騰後も20分弱火で煮ます。

CIMG17082107.jpg
ウーロン茶で煮た後の状態。

CIMG17082108.jpg
ウーロン茶で煮たブロックを、ピックル液、醤油、みりん、ダシで作った
漬け込み液に2時間ほど漬けて取り出します。

CIMG17082109.jpg
取り出したブロックの水気を、キッチンタオルでふき取って、準備完了です。

卵の燻製は本来ならば温燻で2時間ほど燻製した後、一晩外気にさらして
熟成させるのですが、明日はごく短く、温燻1時間、熟成無しで皆さんのお口に
入ります。
でも、豚肉ブロックは100℃の熱燻で30分で本来のやり方で完成します。
その他に、ソーセージ、チーズ、こんにゃく、ちくわ、さつま揚げなども
燻製をしてみることにしています。
限られた僅か2時間の中で、本格的に燻製を楽しむ事は出来ませんが、
みんなでワイワイガヤガヤ、お喋りしながら、アツアツの出来立ての未熟成燻製食品を
食べるのも、夏バテ対策には効果的ではないかと思います。
燻製を始めた頃は、友達や家族が年に何度となく来て、燻製をして食べさせて
あげるのも楽しみでしたが、今や私が燻製をするのは喫茶店「煙の木」での
お楽しみ会だけに成りました。
一年に一度程度では、燻製技術も一向に進歩せず、毎年同じレシピをこなすのが
精一杯です。
そろそろ、燻製も年貢の納め時でしょうか(+_+)
蕎麦打ちはとうに年貢を納め、燻製も納め、収めたくないのは
ゴルフと陶芸に成りました。!(^^)!


関連記事
スポンサーサイト


ブログ | 21:03:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad