■プロフィール

和ちゃん朗人

Author:和ちゃん朗人
定年後の八ヶ岳高原での楽しい出逢いや出来事を気ままに綴っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■アクセスカウンター

■全記事表示リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

初秋の諏訪湖一周
今日は、今年9回目の諏訪湖一周をしました。
8月の時より更に秋の気配が深まっているであろうと思って居ましたが、
状況は殆ど変わり有りませんでした。

DSCN17091301.jpg
朝の内は曇っていた諏訪湖の空でしたが、途中から真夏並みの
強い日差しが照り付け、暑い日の諏訪湖一周と成りました。
今日は、珍しく風もなく、波静かな諏訪湖でした。

DSCN17091302.jpg
午前8時頃の諏訪湖。
ほんの少し、桜の葉が紅葉し始めました。

DSCN17091303.jpg
綺麗に咲き始めたコスモスの向こうには、
多くの菱植物が湖面を汚くしていました。

DSCN17091304.jpg
秋桜とドウダンツツジが、秋の気配をちょっと感じさせます。

DSCN17091305.jpg
睡蓮の花が、未だ咲いて居ました。

DSCN17091306.jpg
何時もの場所に来た時に、何時もの様に、噴水塔から、
水鳥の様な形に水が高く噴きあがりました。

DSCN17091307.jpg
今までは一台だった水草刈り取り船が、今日は2台に増えて居ました。
それでもまだ多くの菱が、未除去の儘湖面に残って居ます。

DSCN17091308.jpg
菱の中に閉じ込められたように静かにしているカルガモ達。
意外にもカルガモ達は、菱の葉を餌にしている様にも見えます。

DSCN17091309.jpg
カルガモの子供達も、ずいぶん大きく成りました。
もう親離れして動き回って居るようです。

DSCN17091310.jpg
子育てを終わった?親たちはのんびり採餌をしています。
逆立ちして水に潜り採餌をしている格好が可愛らしく滑稽に見えます。!(^^)!

DSCN17091311.jpg
このカルガモは他の仲間に比べて、色白に見えます。

DSCN17091312.jpg
今日も多くの場所で、オオバンの親子を見かけました。

DSCN17091313.jpg
以前に比べて、嘴の赤いバンを多く見かける様に成りました。
バンの親が、子供を連れて盛んに餌を与えて居ました。

DSCN17091314.jpg
カルガモとカワウ、結構仲が良さそうです。
一緒に居る所を良く見かけます。

DSCN17091315.jpg
ここでは、カルガモに近づいたカワウが何やら嘴に咥えて、
盛んにカルガモにアタックしている様に見えます。

DSCN17091316.jpg
今日一番の私のお気に入りの写真です。
と言うのは、アオサギがこんな格好をしている姿を始めて見たからです。
何時もは、じっと立って獲物を狙って居る姿しか見ていませんが、
このアオサギはじっと羽根を広げて立って居ました。
一緒の所にカルガモも居た事も更に良い写真と成りました。
何とも奇妙な格好で、暫く見て居ましたが、ずっとこの格好を
続けて居ました。
カワウが、羽根を乾かしている光景は良く目にします。
カワウの場合は、水に潜って魚などを採るために、羽がびしょぬれに成るので
時には羽根を乾かす必要があるのだそうです。
ところが、水中に潜ることも無いサギが、羽根を広げて羽根の内側を
お日様に向けて乾かしている理由が分かりません。
ネットで調べてみてもはっきりしませんでした。
ネット上で分かった事は、この格好を見れたのはラッキーだったと
いう事でした。!(^^)!
関連記事
スポンサーサイト


ブログ | 20:43:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad